キャッシングを利用する際に、収入証明不要で借りられるのでしょうか?

収入証明書は必要?それとも不要?

キャッシングやカードローンを利用する際に、申込先から収入証明なるものの提出が必要とされることも。この収入証明とはなんなのかというと、その名の通り収入を証明する書類のことです。いくつか種類があり、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書、あれば賞与明細、住民税課税決定通知書などの所得証明書などが所得証明になります。いずれも年収や月収の金額がわかるようになっており、提出する際には最新のものが求められます。

 

お金を借りるのだから、返済できるかどうかを計る為に収入証明は必須のように思えますが、最近ではなくてもキャッシングをOKとしている銀行カードローンが増えてきています。テレビコマーシャルでも「収入証明書は不要!」といったことをアピールして、顧客を増やしている銀行もあります。

 

必ずしも収入証明書は必須ではなくなっている今。申し込み時には必要か必要ではないのか、きっちりと調べておく必要があります。でないと、不要と思っていたのに実は必要だった…なんてことになったら大変です。調べ方は簡単で、キャッシングやカードローン会社のオフィシャルサイトなど、インターネットで公開されています。気になる金融機関があれば、じっくりとみておくと安心です。


収入証明書が不要な会社はどれくらいある?

収入証明書の必要性は、銀行系ではほぼ必要となっていますが、一部の銀行では条件付で必要なしとしています。条件なしで収入証明書を不要としているところは1社だけありました。ほとんどの銀行が、限度額は異なるものの一定の金額を超えると収入証明書の提出が必要となっています。ちなみに銀行のキャッシングやカードローンの融資枠は大きく、数十万から数百万まで可能となっています。低いところでは500万までですが、800万円や1,000万円といった大きな金額での融資をかのうとしているところもあるのです。収入証明は50万以上で必要とするところもあれば、100万や300万といった金額のところもあるのです。

 

では、消費者金融会社などの非銀行系はどうでしょう。こちらでは、ほぼすべての会社において収入証明書は必要となっています。なかには、他社借入額も合算した借入金額が100万円を超えた場合にのみ必要としているなど、収入証明書は必要であるものの条件がちょっと異なることも。ちなみに、消費者金融の中でも大手となる「アコム」では、800万円まで融資してくれますが、収入証明はアコムだけなら50万以上、他社の借り入れもプラスしたら100万円以上で必要となります。

 

どちらにしろ、銀行も消費者金融も条件や規定は違うものの、ほとんどが収入証明書を必要としていることがわかります。どうしてこのように、申込先で収入証明に対してのやり方が違うのでしょうか?


収入証明が必要な理由

キャッシングやカードローンの申し込み時に収入証明書を求められたとしたら、それは顧客の返済能力を調べる為に使います。返済してもらえないと大変ですから、収入がどれくらいあって、月々どれくらいの金額での返済が可能かどうかをチェックします。この収入証明書の提出は、実は法律によっても義務付けられているものでもあるのです。貸金業法にも記載されているので、これが適用される消費者金融などは絶対とも言えます。貸金業法では、貸金業者は貸付の契約を結ぶ際に、申込者の収入や収益、資産、そして信用や借入についての状況を把握し、返済計画を立てて返す能力があるかどうかを調べなくてはいけない…としています。

 

また、貸金業法では、条件によっては源泉徴収票もしくはそのほかの収入や収益がわかる書類を提出しないと貸すことはできない…としています。融資の金額が50万円を超えている場合、さらには他の金融機関からも融資を受けており、その融資金額と合算して100万円を超えていた場合です。銀行は貸金業法の対象外となりますので、こうした貸金業法による縛りはありませんが、それでも100万円をボーダーラインに収入証明の提出を求めていることが多いです。


収入証明の有無を決めるのは融資金額

条件や申込先で異なる収入証明書の有無。細かい違いがあり、比べるのは大変です。ですが、法律的な決まりから収入証明の有無が決まるものと言えます。

 

申し込んだ業者が銀行などの金融機関なのか、それとも消費者金融なのか?両者は似ているようで異なり、大きな違いは適用される法律が違う事が挙げられます。銀行は銀行法が適用され、消費者金融などは貸金業法が適用されます。貸金業法では収入証明の提出の必要について記載していますので、それに沿って提出を求める事になります。

 

逆にいえば、収入証明が必要である条件に当てはまらなければ、提出する必要性はなくなります。まず、貸出限度額が50万円以下のキャッシングやカードローン商品。これは消費者金融だけでなく銀行にも当てはまります。また、貸出限度額が100万円以下の銀行系のキャッシングやカードローン商品です。同じ貸金業者や銀行でも、キャッシングやローン商品の限度額によって収入証明の提出の有無がわかれるのです。


更新履歴