収入証明もそうですが、知っておきたい基本的なお金の話

個人信用情報とは?

キャッシングやカードローンでは、収入照明だけでなく信用情報にも注意しておきたいもの。個人情報内容は審査においてとても重要な判断資料となりますが、それだけでなく、借りたお金の返済状態によっては大きく傷つくことになり、その後のお金の貸し借りが難しくなってしまう事もあるのです。せっかく審査を通ったのに制限を受けるようになってしまった…なんてもったいないものです。

 

そもそも、個人情報とは何なのかというと、キャッシングやカードローンなどのお金の貸し借りに関する記録の事です。内容は細かく多岐にわたりますが、大きく分けると個人を特定するための情報、契約内容、返済状況に関する情報です。個人を特定する情報としては、氏名や性別、生年月日、電話番号、住所、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記録番号など。契約内容では契約の種類や契約日、貸付日、貸付金額、契約金額、保証額など。返済状況に関する項目では入金日や入金予定日、借入残高、完済日、延滞など。取引事実に関する項目は債権回収や債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡などです。最後の取引事実というのは、ちょっと耳慣れない言葉で首をかしげる人も多いですが、それもそのはずで、これは普通にキャッシングやカードローンを利用している人には関係ないものです。ただ、だからといって「私には関係ないわ」とは言えないものなので、一応覚えておいた方がいいものです。先の人生で、どう関わってくるかわかりません。


個人情報を管理する機関とは?

個人情報は、信用情報機関で管理されています。これまでの情報を一括して管理・提供している組織であり、健全なクレジット利用を目的としています。なかでも特に有名なのが、CIC、JICC、全国銀行個人情報センターの3つです。

 

CICはクレジットカード会社を中心とした消費者金融、銀行、リース会社など、幅広い会社が加盟しています。JICCは貸金業者を中心としており、多くのキャッシング会社が加盟しています。全国銀行個人情報センターは、その名の通り銀行系の金融機関が加盟している組織です。これらの組織はそれぞれが独立しており、信用情報機関の間において個人情報がやり取りされることはほぼありません。ただ、「CRIN」だけは別。一部の事故情報などは組織間で共有されることなります。

 

ここで保管されている個人情報にキズが付く…つまりは事故情報などが登録されると、キャッシングやカードローンの審査では不利となります。ブラックリストとも呼ばれるこれは、長期間にわたって返済が滞っていたり、自己破産などで債務を踏み倒したり情報をいいます。事故情報は数年間は残るものとなり、程度によって年数も違います。

 

事故情報があると融資関係の審査は、まず通らないと考えていいでしょう。すでに利用しているカードローなどがある場合は、利用停止や融資限度額の引き下げられることもあります。お金を貸す方としては、焦げ付きが出てしまっては大変ですから、こうした処置がおこなわれるのは致し方ないともいえます。


お金に関する基礎知識記事一覧

お金は借りたら返さなくてはいけませんが、さまざまな事情や状況が一変したことから返済できずなくなることも…。そうした状態を救う制度や法的な手続きが用意されていますが、それを債務整理と呼んでいます。債務整理の方法としては、債務者と債権者が話し合っておこなう任意整理や、法的な手続きによる自己破産などがあり、借金の額や債務者の返済能力においてどの方法を取るのか決められます。債務整理については、個人でやるに...

正規の金融業者と間違いやすいヤミ金融業者。大きな違いは、審査なしやブラックでも借りられるといった、通常のキャッシングやカードローンでは考えられない提案をしてくるのです。ですが、その金利は法定外。高すぎるほどで、返済することが困難。雪だるま式に増えていくことが予想でき、違法業者であるだけに取り立ても厳しいので、それまでの生活が一変する可能性が大です。絶対に手を出してはいけないのです。そもそもヤミ金融...

キャッシングやカードローンに関して、いくつかの法律が関わってきます。どんな法律が関わってくるのか、一応知っておくといいでしょう。もしもの時に慌てません。消費者金融に関する法律としては、民法や消費者契約法、貸金業法、利息制限法、出資法とあります。●民法一般の人同士で起こる問題についての法律。金銭消費貸借の契約や成立した案件の責任ついて定められています。お金の貸し借りをおこなう際には、返済が出来なかっ...