間違っても、ヤミ金融業者から借りてはいけません

ヤミ金融業者とは?

正規の金融業者と間違いやすいヤミ金融業者。大きな違いは、審査なしやブラックでも借りられるといった、通常のキャッシングやカードローンでは考えられない提案をしてくるのです。ですが、その金利は法定外。高すぎるほどで、返済することが困難。雪だるま式に増えていくことが予想でき、違法業者であるだけに取り立ても厳しいので、それまでの生活が一変する可能性が大です。絶対に手を出してはいけないのです。

 

そもそもヤミ金融業者とはどういったものなのかというと、財務省や都道府県から貸金業者として許可を受けていない会社の事。通常、貸金業者は登録申請をして許可を受けないと営業することができない決まりとなっているのです。ヤミ金融業者は必要な登録申請をしないで、勝手に営業をしているわけです。もちろん、貸金業法にのっとった営業もしていません。

 

貸金業法においては、利息制限法という法律の決まりによって、お金を融資できる上限が決められています。上限金利は年利20%以下で、例えばアコムは実質年率が18%です。ヤミ金融業者はこの上限金利を守らず、異様に高い、返済することが難しい金利をふっかけてきます。法律を守らないで、自分たちが思う金利を設定してお金を貸しているのです。その金利はどれくらいなのかというと、「トイチ」や「トサン」と呼ばれるもの。トイチとは10日で1割の利息が付き、トサンは10日で3割の利息がつきます。年利で表すとトイチは年利360%、トサンは年利1,080%という考えられない数字になるのです。


狙われる専業主婦

闇金融業者と聞くと、あまり身近にはいない、自分には無縁の存在のような印象がありますが、実は身近なところにそのきっかけが転がっています。代表的なものでいえば、公衆電話や電信柱に貼ってある広告。「すぐに貸します」「誰でも審査なしでOK」なんて文言と共に、電話番号だけが記載され、詳しい住所等や貸金業者の番号も記載されていないのは、ほぼ闇金融業者の広告です。連絡先が携帯番号だけである闇金融業者を、「090金融」なんて呼び方もしています。本来なら、携帯電話ではなく固定電話番号も掲載しなければいけませんから、この場合は確実に闇金融業者です。

 

このように、意外と身近な場所で闇金融業者につながるきっかけが転がっています。身近にいるともいえる存在であり、特に家にこもりがちで視野が狭くなりがちな専業主婦はひっかかりやすいものとなっていますので注意が必要です。

 

また、収入がない専業主婦はキャッシングやカードローンの申し込みが限定されて難しいものとなっているので、余計に金融業者の「貸します」といった甘い言葉に弱くなっています。買いたいものがある、家計のやりくりの足りない部分を補うために…など、理由はさまざまですが、次のお給料が出ればと甘い気持ちで借りてしまい、高額な利息で返済が難しくなってしまう事が少なくないのです。

 

2010年の貸金業法の快晴により、借り入れが年収の3分の1までしかできなくなりました。ご主人の承諾がないと借りられない場合も多いので、内緒で借りたい人には不都合。こうした背景もあり、最近では専業主婦をターゲットにした闇金融業者が増えているようですから、油断できないといえます。


関連ページ

債務整理とは?
債務整理していると、まず融資は受けることができまん。 一体どんな事なのでしょうか?
融資に関する法律
キャッシングやカードローンなどのお金の貸し借りについては、いくつかの法律が適用されるものとなります。 どんな法律があるのか、一応知っておくといいでしょう。